きみといっぽ|元シンママの子育て情報ブログ

子育て・ママ美活・暮らしに役立つ情報を発信してます!ママをもっと楽しみたい!

*゚*。*⌒* オススメ記事 。*゚*⌒*゚*。*

スマホやPC作業で目が疲れた時の対処法とは?|VDT症候群セルフチェック

スマホやPC作業で目疲れ・肩こり・頭痛を感じていませんか?|VDT症候群セルフチェック

スマホやPC作業で目疲れ・肩こり・頭痛を感じていませんか?|VDT症候群セルフチェック

現代の人に欠かせないアイテムとなっているスマホやPC。

スマホの使用平均時間は…3時間を超えると言われています。

 

皆さんは1日どれくらいの時間、スマホやPCを使用していますか?

 

また、仕事で1日中パソコンを使用する…という人も少なくないですよね?

私は以前、事務で働いていましたが、就業時間中8時間フルでパソコン業務を行っていました。

 

最近では、スマホの使い過ぎによる

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 目疲れ

など、いろんな症状に悩まされる方も少なくありません。

 

この記事では

スマホやPC作業によって引き起こされるVDT症候群についてご紹介します!

なんとなく「スマホ(PC)の弊害?」と思うような症状がある方は是非、最後までお読みください!

[スポンサーリンク]

 

VDT症候群って何?

VDT症候群と聞いて「あ~あの病気ね!」という方はあまり多くないのではないでしょうか?

 

私も症状に悩まされるまでは、この疾患についての知識はありませんでした。

 

VDT症候群とは、パソコンやスマートフォン、タブレット端末など、さまざまな「表示機器」=「VDT(Visual Display Terminal)」を長時間使用することによって引き起こされる目の病気です。

 

目の疲れだけでなく、体や心の不調にまで繋がります。

VDT症候群:目の症状

VDT症候群で引き起こされる症状は、主に目に関する症状です。

  • 目が疲れる
  • 目が充血する
  • 目が痛む
  • 目が乾く
  • 目がかすむ
  • 視力が落ちる

パソコンを長時間使用している人にドライアイの方は多いですよね。

私もよくあるんですが、ついついパソコンやスマホの画面を集中してみてしまうことありませんか?

 

集中して画面を見ている時は、まばたきの回数が普段の4分の1に減少するという調査報告があります。

 

まだたきの回数が減ると目の表面が涙で十分に保護されなくなり、目に傷がついて視覚障害を起こす原因となってしまいます。

VDT症候群:体の症状

目疲れが原因で体の不調を感じた経験はありませんか?

VDT症候群によって引き起こされた目の症状は、次のような体の不調につながります。

  • 気分が悪くなる
  • 頭が痛くなる
  • 吐き気を感じる
  • 首や肩がこる
  • 背中が痛い
  • 腰が痛い
  • 手指がしびれる

私は以上の症状全てに当てはまります。

スマホやPC作業をしていると、ついつい姿勢も固定されがちになります。

 

上記の症状に慣れてくると「ずっと座っているからかな」と思いがち。

私も実際にそうでした!

眼精疲労から始まるVDT症候群かもしれないので注意が必要です!

VDT症候群:心の症状

長時間、ディスプレイを見続けることによって、同じ姿勢を続けることになり、体に負荷がかかることで心にもストレスが生じます。

  • イライラ
  • 不安感
  • 憂うつ
  • 不眠

スマホやPCを使用すると必要以上に光や音を感じることも原因です。
緊張・ストレスで自律神経のバランスがくずれ、心の不調をまねきます。

[スポンサーリンク]

 

スマホ(PC)の使い過ぎでリスク高?!!

現代人のほとんどがスマホやPCを使用する生活を送っている為、皆にVDT症候群になるリスクは高まっているといえます。

 

特に注意したい人
  • スマホを1日連続して1時間以上見ている
  • 業務で長時間PCを使用している

 

スマホやPCを見ていると1時間なんてあっという間に過ぎてしまいますよね。

それだけ、集中して画面を見ているということは、まばたきが無意識に減っている状態ということです。

VDT症候群セルフチェック

自分にVDT症候群のリスクがどれくらいあるか気になる方は是非、チェックしてみてください!!

チェック項目
  1. 目の疲れ・ぼやけ・乾きを感じる
  2. 頭痛がする
  3. 吐き気がする
  4. 肩・首・背中がこっている
  5. 腰・足がだるい、冷えている
  6. 疲れが取れにくい
  7. 熟睡できない
  8. やる気が出ない、意欲が湧かない
  9. PCやスマホの連続使用時間が1時間を超える
  10. PCやスマホ画面と室内の照明の明るさに差がある
  11. PC作業スペースにゆとりがない
  12. PCやスマホ作業中に体に違和感(きつさ)を感じている

上記項目がいくつ当てはまりますか?

7つ以上当てはまる人はVDT症候群の危険性大!!

ちなみに私は…9つ当てはまります。

 

▼こちらのチェックも参考になります▼

allabout.co.jp

スマホ(PC)の目疲れ予防・対策法とは?

VDT症候群を予防するためには、下記の対策を行いましょう!

  • 適度な休憩をとる
  • ストレッチを行う
  • メガネやコンタクトを使用する
  • ディスプレイの明るさを調整する
  • 部屋の湿度に注意する

1番重要なのは「適度な休憩をとること」です。

1時間あたり、10~15分はディスプレイを眺めずに窓の外を眺めたり、目を閉じたりして目を休めましょう!

 

「業務中にそんなことできないよ!」という方は、トイレに行ったり、PC作業ではない業務をしたりして、上手にディスプレイを眺めない時間を作るように心がけましょう!

 

目を休めるタイミングで簡単なストレッチを習慣にするのもおすすめです!

私は1日に何度かストレッチをすることで、症状が劇的に緩和されました!

 

▼座ったままでもできる簡単ストレッチ▼

youtu.be

眼精疲労に役立つおすすめアイテム3選

眼精疲労を感じる時におすすめのアイテムを紹介します。

 

3D 目もと温快アイマスク

じっくり眠れて疲れ目すっきり!

遠赤外線・蓄熱保温効果で優しく目元を温めてくれるアイマスク。

Sleepdays(スリープデイズ)

血流を良くして、肩こりや頭痛を緩和!

リラックスタイムや睡眠時に使用できるマルチウォーマー!

ピンホールアイマスク

ピンホール原理によって、眼の筋肉の緊張をほぐして疲労を解消!

ディスプレイからの光の刺激も緩和できる!

 

[スポンサーリンク]

 

適度な休憩で心も体もリフレッシュ!

VDT症候群は、PCやスマホを多岐にわたって使用する現代人ならではの現代病とも言えますね。

 

日常的に使用する頻度が増えているからこそ、

  • 使用時間には気を付ける
  • 無理な姿勢で使用しない
  • 目を休めてあげる
  • 適度なストレッチを行う

ことが大切です。

 

普段メガネを使用されない方でも、PC作業やスマホ作業が長いと感じているのであれば、ブルーライトカットメガネを使用することもおすすめです。

 

私自身、ブルーライトカットメガネを使用して、眼精疲労の緩和を感じています!

 

適度に休憩を取り入れつつ、体に負担がかからないように心がけたいですね。

 

▼あわせて読みたい▼

www.kimippo.com

www.kimippo.com

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!