きみといっぽ|元シンママの子育て情報ブログ

子育て・ママ美活・暮らしに役立つ情報を発信してます!ママをもっと楽しみたい!

*゚*。*⌒* オススメ記事 。*゚*⌒*゚*。*

【ステップファミリー】妊活はじめました!セメントベビーを迎えたいと決意した理由。

ステップファミリーのセメントベビー。赤ちゃんを迎えるにあたって

【ステップファミリー】妊活はじめます!「赤ちゃんを迎えたい」と決意した理由|セメントベビーとは?

未婚で出産してから早5年。

まさか自分が結婚をし、新しい家族として生きていくなど想像もしていませんでした。

 

2020年1月1日に入籍を予定している私たちですが、

この度、妊活をはじめることにしました!!

 

この記事では
  • 私が妊活を決めた理由
  • セメントベビーといわれる赤ちゃんの存在
  • ステップファミリーが新しい家族をむかえるにあたって
  • 新しい家族として生きていく未来

についてご紹介します。

 

「いつかは家族になりたいと考えている」というシングルマザーや「新しい家族を迎えたいと考えている」というステップファミリーのママパパに参考になれば幸いです!

[スポンサーリンク]

 

妊活をはじめる決意をした理由

まずはじめに言っておきたいことがあります。

私は今、娘と夫と3人での生活に十分すぎるくらいの幸せを感じています。

 

毎日仕事から帰った後に必ず娘と遊んでくれる夫。

残業で遅くなる夫を「早く帰ってこないかな~?」とルンルンで待っている娘。

 

たった数ヶ月で、私の見える毎日の風景は大きく変わりました。

 

実は、結婚が決まってから早々に「新しい赤ちゃんを迎えるか?」については夫とも話し合いをしました。

 

私は以前から、娘に兄弟をつくってあげたいという思いがあり、「急がないけど、いつかはほしい」と伝えました。

 

夫はというと…

「今娘がいるだけで本当に幸せに感じている。」

「無理に新しい子を迎えたいという気持ちはない。」

という意見でした。

 

そんな私たちが妊活を決意した理由は、娘の変化です。

「私ね、赤ちゃんほしいの」

「お姉ちゃんになりたい」

「ママのところには赤ちゃん来ないの?」

 

一緒に暮らし始めた当初、娘は新しい赤ちゃんには絶対に来てほしくないと言い続けていました。

  • 自分だけのママじゃなくなるのは嫌だ
  • 赤ちゃんがきたら、私を抱っこできなくなる
  • 私が一人ぼっちになってしまう

と連日、その不安をよく口にしていました。

そういう経緯があり、私たち夫婦のなかでも「妊活はしない」ことになっていました。

 

「みんなでね、家族になるんだよ。

ママがいて、パパがいて、私がいて、赤ちゃん。

みんながいるから、大丈夫なんだよ」

 

娘のこの言葉を聞いたとき、私たちはちゃんと家族になれているんだなと嬉しく思いました。

[スポンサーリンク]

 

セメントベビーって何?

セメントベビーとは?

ステップファミリーという言葉も最近でこそ、知っている方も増えてきましたよね。

そのステップファミリーで迎える、新しい赤ちゃんをセメントベビーと呼びます。

 

実は私はこの呼び方はあまり好きではないんですが…。

 

セメントベビーには、新しい命によってセメントのように家族を固めてくれるという意味が込められています。

 

わが家の場合で言えば、

私と娘は血縁関係、私と夫・娘と夫は血縁がありません。

そこに新しい赤ちゃんが加わることで、私と娘・夫と赤ちゃんが血縁で繋がる…ということになります。

 

「セメント」自体になんとなく冷たい感じがあるので、単純に呼び方が好きではないのですが…「固く繋ぐ」という意味では理にかなった比喩かもしれませんね。

セメントベビーに対する賛成意見

私たち家族の親戚や友人たちは、新しい赤ちゃんを迎えることに賛成意見が多です。

賛成意見
  • 娘に兄弟ができることで、将来娘のためになる
  • 夫にも実子ができることで、さらに親としての責任感が強くなる
  • 家族なんだから、新しい赤ちゃんを迎えることは別に変なことではない

よくよく考えれば…家族であれば、新しい赤ちゃんが増えるということは全然不自然なことではないですよね。

セメントベビーに対する反対意見 

賛成意見とは反対に…ステップファミリーが新しい赤ちゃんを迎えることに否定的な意見があるのも事実です。

反対意見
  • 連れ子が可哀相
  • 新しく生まれてくる赤ちゃんが可哀相
  • 大人の勝手な都合

やはり、連れ子に対する心配の声は多くあります。

そして、新しく生まれてくる赤ちゃんにも「過度のプレッシャー」や「過度の期待」といった不安の声も。

 

私たちも実際、娘が不安に思うくらいなら「赤ちゃんはいらない」と思っていたので、連れ子の気持ち最優先に考えるべきだとは思います。

[スポンサーリンク]

 

セメントベビーが家庭崩壊の原因に?

ステップファミリーを待ち受ける家庭崩壊の危機とは?

ステップファミリーでは、

  • 連れ子と継父(継母)の関係がうまくいっていない
  • 連れ子を気にしすぎて夫婦仲がうまくいかない
  • 連れ子が反抗的になった

など、連れ子のケアがうまく出来ていないケースが多くあります。

 

そんな中、新しい赤ちゃんを迎えることによって

  • 連れ子は自分は愛されていないと感じる
  • 継父(継母)は連れ子との血縁がないことを意識してしまう

というネガティブな感情が起こり、家族のきずなが壊れてしまう…というケースも。

連れ子に対するケアの重要性

ステップファミリーになるうえで絶対欠かせないのは連れ子のケアです。

子どもの心がNOと言っていれば、答えはNOなんです。

 

いろんな意見がありますが、私はこれだけは絶対だと思って、いつも娘の気持ちを一番に考えるようにしてきました。

 

はじめて彼に会わせるタイミングも待ちました。

一緒に住むことも娘に一番はじめに相談しました。

家族になるということも娘に一番はじめに報告しました。

 

その上で、娘の心の変化にいつも注意していました。

今も毎晩寝る前には「ありがとう」と「大好きだよ」は欠かせない合言葉です。

 

きっと、最初は不安だったと思います。

「自分だけが一人ぼっちになってしまう」という娘の言葉は素直な気持ち。

でも今は、「私はとても愛されている」と感じてくれていると思っています。

子連れ再婚ではパパに求めすぎるのはNG

娘に対するケアと同時に、私は夫に求めすぎることはしませんでした。

 

もちろん、娘を一番に大事に思ってほしいという気持ちはありました。

でもそれは、夫の中で自然と生まれてくる感情にまかせたい…と思いました。

 

私もそうですが、親になるということは日々の積み重ねだと思っています。

日々、子どもの成長に触れている中で、親としての自覚や責任感は生まれてくるもの。

 

むしろそれを強制すればきっと、「自分の子じゃないし」と逃げたくなってしまうんじゃないか…と考えます。

 

私は、夫に「父親になってもらう」ということよりも、娘と夫と一緒に「家族になっていく」ということを意識するようにしています。

[スポンサーリンク]

 

連れ子とセメントベビー、ステップファミリーの未来

ステップファミリーで幸せな家庭を築いていく為に

妊活をはじめたからといって、必ずしも赤ちゃんがきてくれるとは限りません。

でも、娘と夫と変わらない幸せな毎日の中に、赤ちゃんがいる風景を想像して嬉しい気持ちになります。

 

きっと娘にとって、その赤ちゃんはかけがえのない存在になってくれると思います。

そして、私や夫にとっても、その姿はとても微笑ましいものになります。

 

今回この記事を書くにあたって、実はすごく不安を感じていました。

 

「大人の勝手なエゴのために子どもが犠牲になっている」

「連れ子が可哀相だと思う」

という意見があるのはわかっているからです。

 

でも、私たちは私たちの家族のあり方を伝えることで、誰かの力になるかもしれない…

きっと同じように悩んでいる人もいるはずだから。

 

「妊活はじめます」

私にとって、少し勇気のいる決断です。

頑張り過ぎずに、少しずつ準備をはじめよう。

 

私に生きる力をくれた娘と、私と娘を大事に支えてくれる夫と…

これからも幸せな家庭を築いていきたいと思います!

 

▼あわせて読みたい▼

www.kimippo.com

www.kimippo.com

www.kimippo.com

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!