きみといっぽ|元シンママの育児とママライフを楽しむブログ

元未婚シングルマザーが綴る!子育て・ママ美活・暮らしに役立つ情報!ママをもっと楽しみたい!

*゚*。*⌒* オススメ記事 。*゚*⌒*゚*。*

シングルマザーの恋愛・結婚|幸せを築くために大事な6つの心得

シングルマザーの恋愛・結婚|子供とパートナーと幸せになるためには?

子供とパートナーと幸せを築くために大事な6つの心得
シングルマザーだった私の悩み
  • 子どもと向き合う時間が少なく、寂しい思いをさせている
  • 働きづめでも経済的不安がなくならない
  • 子供に充分な教育を与えられるか心配
  • 毎日のことに精いっぱいで心のよりどころがない
  • 時間もお金もなく、子育てにもゆとりが持てない

私は26歳で未婚シングルマザーとなり、今のパートナーと出会うまで5年間、シングルマザーとして生きてきました。

 

シングルマザーは常に、見えない不安と一人で背負う責任がつきまといます。

自分が選んだ人生とはいえ、日々、自分と子供の人生に対して不安が消えなかったのも事実。

 

私は「結婚したい」と思って結婚を選択したわけではありません。

子どもとパートナーと私で築いてきた関係の中で、結婚を決めました。

 

この記事では、

  • シングルマザーが恋愛・結婚する時はどんなことに気をつけたらいい?
  • 子どもとパートナーの関係構築はどんなふうにするの?
  • パートナーとして選ぶ人はどんな人がいいの?

元シングルマザーになった私の実体験をもとに、そんな疑問に答えます。

 

シングルマザーとして「恋愛をしたいと思っている人」や「結婚を考えている人」の参考になれば幸いです。

[スポンサーリンク]

 

シングルマザーも『恋愛』『結婚』するべき!

シングルマザーも恋愛・結婚はするべき!

未婚シングルマザーでも、離婚シングルマザーでも、シングルマザーになることを決めた時「これからは子供との人生を生きていく!」と心に誓った…という方は少なくないはず。

 

しかし、シングルマザーとして生活していく中で、

  • 恋愛を意識する相手に出会った
  • 一人で育てていくことに不安を感じ始めた
  • 心のよりどころとなるパートナーが欲しくなった

そんな心の変化が訪れた時、戸惑ってしまいますよね。

 

「母親なのに恋愛なんて」

「子供と生きると決めたのに」

そして、批判的な世間の目がないとも言い切れないのが現状。

 

自分の人生を諦めていませんか?

『自分も子どもも幸せにしたい』

その為の選択肢に『恋愛』『結婚』があるのは自然なことです。

シングルマザーの恋愛は子ども最優先

シングルマザーとして忘れてはいけない優先順位

いざ、恋愛をすることになった時、絶対に忘れてはいけない優先順位があります。

  1. 子ども最優先
  2. 今ある生活
  3. 依存しない関係構築

優先順位を誤ると、未来の幸せどころか、今の幸せさえ壊してしまうことになりかねません。

子どものこんな変化には注意して!

「子どもを最優先に考える」これはシングルマザーに限ったことではありません。

 

これは、子どもを産んだその日から、母親誰しもが抱える最優先事項です。

 

シングルマザーの子どもは少なからず、不安を抱えている場合が多いです。

  • ママともっと一緒にいたい
  • パパはどうしていないの?
  • ママはいつも忙しい

私自身もシングルマザーに育てられた子なので、その小さな不安は根強く残っています。

 

「寂しい思いをさせないように」

「不安にならないように」

そう努めていても、避けては通れない悩みです。

 

新しい生活をはじめようとしたとき、大人でも心配や不安がでますよね?

子どもも同じです。

 

子どもはうまく言葉に表現できないからこそ、子どもの様子には充分気をつかうことが大事

 

母親の変化を敏感に感じとっているため、

  • 話の内容が変わってきた
  • 前にも増して甘えん坊になった

など普段の様子と違うなと感じる部分が出てきます。

 

私の娘も

  • 友達のパパの話をよくするようになった
  • 「聞いて!」と要求することが増えた
  • とにかく体に密着したがる

という変化がありました。

 

ポイント

子どもが最優先!小さな変化を見逃さない!

[スポンサーリンク]

 

子どもと築いてきた生活を出来るだけ崩さない!

シングルマザーが恋愛や結婚を意識した時は、既に生活のリズムが整っている場合が多いですよね。

 

なぜなら、生活のリズムが整ったからこそ、心の変化が現れるのが自然なことだからです。

 

そんな、子どもと一緒に築いてきた今の生活リズムを大事にしてください。

  • 毎朝起きている時間
  • 保育園に送迎する時間
  • 夕飯を食べる時間
  • 子どもと一緒に寝る時間
  • 週末の子どもと過ごす時間

これは、『子ども最優先』にも繋がりますが、今ある生活をしっかりと守ることはシングルマザーとして生きる上でとても重要です。

 

「生活リズムが崩れてきた」と感じる時は危険サイン。

 

今ある生活があるからこそ、未来を考えられることを忘れないでください。

 

ポイント

子どもと築いた生活を守ること!

[スポンサーリンク]

 

シングルマザーの恋愛は依存してはダメ!

今ある生活のベースを守りつつ、恋愛していく為にはどうすればいいのか?

それは、実はすごく簡単なことです。

 

「依存しない」

まずはそこを意識してみてください。

 

シングルマザーが恋愛・結婚を考えた時、

  • 自分自身が相手に依存しないこと
  • 自分に依存する相手はNG
  • 依存しあう恋愛は出来ない

ということを常に意識してください。

 

シングルマザーは相手に翻弄される恋愛は出来ません。

独身であれば、翻弄されること自体を楽しむ選択もできますが、子供がいる以上、そこは諦めるべき。

 

「依存しない」ことを意識すると、自然と自分のペースと相手のペースの一致する隙間時間が見えてきます。

 

その隙間時間に愛を育むことが出来る相手こそ、あなたと子どもを大事にしてくれる相手です。

 

ポイント

パートナーとは依存しあう関係を築かないこと!

子どもとパートナーの関係構築のためにできること

子供とパートナーの関係構築のためにできること

いくら良いパートナーと巡り合えても、子どもとパートナーの関係がうまくいかなければ、元も子もありません。

 

だからといって「仲良くなってほしい」と意気込みすぎるのはNG

人は誰でも相性があります。

 

子どもにとっても、相手にとっても負担にならないようにするためにどうすればいいか?

 

私が実践したのは

  • 最初から「彼氏」といって紹介しない
  • 3人で出かける前に顔見知りにする
  • 一緒に出掛ける際に「特別感」を抱かせない

ことです。

子どもに「彼氏」と紹介しない

私は娘に「彼氏が出来たこと」を説明したことはありません。

説明してもわからない年齢ということもありますが、「彼氏が特別な存在であること」を意識させてはいけないと考えたからです。

 

子どもにとって、ママに特別な存在が出来るということは大事件。

常に自分が1番だという立ち位置が崩壊しかねないからです。

ただでさえ「寂しい」と思っている場合が多いため、子供を不安にさせる要因は出来るだけ作らないことが先決。

 

ポイント

子どもに特別な存在であることを意識させないこと!

子どもとパートナーを顔見知りにする

いざ、パートナーと子どもを会わせる時に、最初から子どもが楽しめる場所に行ってしまうパターンって結構多い気がします。

 

でも、それって結構不自然だと思うんです。

 

「このおじさん誰なの?」

「なんでこのおじさんがついてきたの?」

「ママと二人でもよかったのに」

子どもがそんな思いを抱く可能性、ありませんか?

 

私は彼を「お仕事のお友達」として、

  • 借りたものを返しに行く
  • お土産を渡す
  • バレンタインデーのお菓子を渡す

という会う時間はほんの1~2分という出来事を数回重ねました。

車で彼のマンションの下に行き、車の中から物を受け渡す…だけ。

 

バレンタインデーのお菓子を渡すときは、娘と一緒にお菓子作りをする段階で、「何回か会ったことあるあのお兄ちゃんにもあげていい?」と許可を取って、一緒に渡しに行きました。

 

ポイント

子どもが「あのお兄ちゃん」と意識出来るまで顔見知りにする!

[スポンサーリンク]

 

初めてのお出かけは「特別感」を抱かせない

顔見知りになった段階で、娘の方から「あのお兄ちゃんと遊びたい」と言うようになってきました。

 

ここで、ようやく三人で出かけるタイミングがきたわけです。

 

はじめてのお出かけは隣町の桜祭り。

子どもが喜ぶ「動物園」や「水族館」、「遊園地」を選ばなかったのには理由があります。

  • まわりの家族を意識してしまう
  • 過ごす時間が長くなってしまう
  • イベント感が出過ぎる

はじめて会う時に気を付けてほしいのは、子どもにとって「特別な出来事」にならないことです。

そして、彼に『家族』を意識させすぎないこと!

 

桜祭りは前の年に友人と子連れで訪れていたし、周りも家族連ればかりではなく、ラフなイベントでしたので、最適と考えました。

 

「子どもとパートナーといい関係を築いてほしい」と緊張するのは自分だけで充分です。

子どもにも相手にも、変な意識を植え込まないことが大切です。

 

ポイント

一緒に過ごす時間を「特別なこと」にしない!

シングルマザーが恋愛する上で大事な6つの心得とは?

子供とパートナーと幸せを築くために大事な6つの心得とは?

ここまで、私の実体験をもとに子どもとパートナーと関係を築いていく為に必要なことを紹介してきました。

 

ポイントおさらい

♥ 子どもが最優先!小さな変化を見逃さない!

♥ 子どもと築いた今ある生活を守ること!

♥ パートナーと依存しあう関係を築かないこと!

♥ 子どもに彼を特別な存在であることを意識させないこと!

♥ 子どもが「あのお兄ちゃん」と意識出来るまで顔見知りにする!

♥ 一緒に過ごす時間を「特別なこと」にしない!

私が実際に子どもとパートナーとの関係を築くために意識していたことです。

 

自分自身がシングルマザーの子どもとして育っていたからこそ、意識出来たこと。

是非、「恋愛をしたい」「いずれは結婚したい」と考えているシングルマザーの力になりたいと思い、書かせて頂きました!

 

もちろん、子どもの幸せを最優先に考えていますが…

 

私はいつか子どもが「自分のせいでママは幸せになれなかった」と思わせたくないという思いから、自分の人生も大事にする生き方を選びました。

 

参考になれば嬉しいです!

 

▼あわせて読みたい▼

www.kimippo.com

www.kimippo.com

www.kimippo.com

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!