きみといっぽ|元シンママの子育て情報ブログ

子育て・ママ美活・暮らしに役立つ情報を発信してます!ママをもっと楽しみたい!

*゚*。*⌒* オススメ記事 。*゚*⌒*゚*。*

子どもを紫外線から守るためには?保育園では紫外線対策してる?

6月突入!

そろそろ梅雨入りかな~。

梅雨明けは平年でいくと7/14頃。

その後は日差しが強い夏が待ってる!!

 

皆さん、子どもの紫外線対策はどうされていますか?

我が家では、一緒に出かける時は日焼け止めを塗っています。

でも、普段保育園で過ごしている時は…塗っていません!

 

1週間のうち5日も紫外線対策をせず過ごしているのに、

週末のたった2日対策をしたところで意味あるのか?

何か手を講じなければ!ということで、

今回は子どもの紫外線対策について♪

f:id:kimissmam:20190529132123j:plain

子どもの紫外線対策!自分の子どもを紫外線から守るためには?

子どもは紫外線の悪影響を受けやすい

夏ごろになると小麦色に焼けた子どもを見て「健康的だなぁ」と感じる人も少なくないですよね。

昔は、赤ちゃんの日光浴や子どもの日焼けは健康には欠かせないものと思われていました。

確かに、日光浴には骨や歯に役立つビタミンDの生成や、ホルモンバランスを整える作用があります。

しかし、現在の子どもたちは「一生に浴びる半量を18歳までに浴びている」と言われており、環境の変化に合わせた対策が必要となってきています。

赤ちゃんや子どもは、大人よりも肌が弱い為、紫外線対策は子どもこそ必要!ということです。

紫外線が原因で起こる病気

紫外線を浴びることにより表皮の細胞や、一部真皮の細胞の遺伝子に傷がつくことが分かっています。

最近では、目も紫外線の影響を受けることが分かっており、目に対する紫外線対策も必要だと言われています。

子どもが紫外線を浴び過ぎた結果、

  • 将来、皮膚がんになるリスクが高まる
  • 白内障、翼状片、網膜のメラノーマというガンを起こしやすくなる

と言われています。

また、紫外線アレルギーや色素性乾皮症という、紫外線に影響される病気もあります。

[スポンサーリンク]

 

昔とは違う「日焼け」の考え方

真夏の子どもに多い小麦肌。

子どもが大人より紫外線の影響を受けやすいからこそ、子どもの方が日焼けしやすい。

昔「健康的」と捉えられていた小麦肌ですが、目に見てわかる紫外線の影響と捉えると怖いですよね。

子どもを紫外線から守るためには?

紫外線を浴び過ぎないようにするには次のことに注意しましょう!

遊ぶ場所・時間帯を考えよう

公園や広場などの施設は日影が少なく、夏は火傷などのリスクも高まります。

一日のうちで午前10時から午後2時までに紫外線量が一番強くなるため、その時間の戸外遊びは避け、長時間になり過ぎないように注意が必要!

出来るだけ日なたでは、ひさし、屋根、パラソルなどの下で遊ばせるようにしましょう。

最近では、公園などにワンタッチテントを持っていくご家庭も多いですよね。

簡単に開けて、UVカットなどに対応した商品もあるので、一つ持っておくと便利ですよ^^

戸外遊びの際は、長時間紫外線を浴び続けない工夫は必要です。

身につけるものでも対策を!

外遊びの際は必ず、つばが広めの帽子を被せましょう。

洋服も目の詰まった布、紫外線を反射しやすい白か淡い色のものを選びましょう。

出来るだけ肌の露出はしないことが必要ですが…熱いのでどうしても半袖を着たがりますよね。

そんな時は薄手のUVカットパーカーなどがおススメです。

日焼け止めは絶対!!

最近はベビー用や子供用として販売されているものも増えています。

低刺激性と書いてあるものを選びましょう!

  • 日常の生活ではSPF15~20、PA++
  • 海や山ではSPF20~40、PA++~+++

を目安に選ぶといいようです。

 

汗や水で落ちにくい、ウォータープルーフの製品であればなお良し!

あまりうすく延ばしてつけると効果が低くなるので注意してください。

ちなみに、虫よけを使う場合は、日焼け止めの次に虫よけを塗るようにしましょう。

[スポンサーリンク]

 

体内からもアプローチ!

食生活は体内の炎症にアプローチできることはご存知ですよね。

日焼けは紫外線による炎症の一種です。

日光による炎症には体内からもアプローチしていきましょう。

日焼けに効果的なアプローチが出来る栄養素は…

  • 良質の飽和脂肪
  • オメガ3脂肪酸
  • リコピン、βカロチン、ビタミンEなどの酸化防止剤

日焼けに効果的なアプローチが出来る食べ物は…

  • トマト(調理したものがより◎)
  • サツマイモ
  • ブロッコリー
  • ザクロ

子どもが好きなトマトやサツマイモは手軽に食べられていいですよね♪

トマトは調理後のほうがリコピン量が増加すると言われているので、

サバ缶とお野菜のトマト煮なんかもいいですね^^

cookpad.com

通園バッグには日焼け止めスプレーを忍ばせて!

最近、我が家ではサツマイモを輪切りにして茹でたものをタッパに入れています。

食欲がない朝や、夕飯のサラダのちょい足しなんかでも使えて、便利です。

娘は小腹が減っている時にもパクパク食べています。

保育園に行く際は、朝日焼け止めを塗って、UVカットパーカーを持たせることにします!

スプレータイプの子ども用日焼け止めを通園バックに忍ばせて、戸外遊びの時は「シュッシュしてね!」と伝えました!

子ども自身にも、紫外線に対する防御力を身につけさせなければいけませんね。

 

▼あわせて読みたい▼

www.kimippo.com

www.kimippo.com

www.kimippo.com

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!