きみといっぽ|元未婚シングルマザーの気ままな育児ブログ

元未婚シングルマザーがお届け!リアルな育児の悩みとママの美活、暮らしの知恵まで惜しみなく♬︎♡

*゚*。*⌒* オススメ記事 。*゚*⌒*゚*。*

【トイ・ストーリー4】ボー・ピープの再登場でウッディの運命が変わる?!ウッディが選ぶ最後の決断とは?【ネタバレあり】

三連休2日目。

トイ・ストーリー4を観劇してきました。

トイ・ストーリーの歴史も長いもので、1作目公開は1996年。

私が小学生の頃に上映されました。

 

あれから23年。

シリーズ4作目となります。

23年の歴史を辿ったおもちゃたちの物語。

 

アンディーからボニーに受け継がれた

カウボーイ『ウッディ』はどうなってしまうのか?!

 

また、3作目からは登場しなくなったボー・ピープとの再開から、

『手放されたおもちゃの未来』が描かれています。

 

トイ・ストーリー4で伝えたいこととは?

新キャラたちとウッディとボー・ピープのその後について(^^)

※完全ネタバレ注意⚠

トイ・ストーリー4感想

トイ・ストーリー4】新キャラとウッディとボー・ピープの未来【ネタバレ】

ウッディが遊んでもらえない?!

トイストーリーの主人公といえばおなじみ、ウッディ

前の持ち主アンディーの大事なおもちゃであり、親友。

しかし、トイ・ストーリー3でアンディーからボニーに『ウッディを大事にする』という約束のもと、受け継がれたウッディ

 

しかし!

トイ・ストーリー4では、ウッディはクローゼットの中…。

遊んでもらえなくなったおもちゃの常連となっています。

 

ほかのおもちゃのリーダー的存在のウッディが

『遊んでもらえない』なんて非常事態ですよ。

 

しかも…

クローゼットに取り残されるわ、

お父さんに踏まれるわ、

ゴミ箱に入っちゃうわ…

と散々なんです。

[スポンサーリンク]

 

『心の声』がキーワード?

トイ・ストーリー4では、遊んでもらえなくなったウッディの心の葛藤が描かれています。

今までのウッディの格言といえば『持ち主のために』ですよね?

しかし、遊んでもらえない状況の中で『自分のあり方』や『自分の気持ち』と葛藤していきます。

 

もちろんストーリー序盤では、今の持ち主ボニーのことを気にかけて、

『ボニーが笑顔になれるにはどうしたらいいか?』を考えた、ウッディらしい展開。

 

ボニーのために必死に務めながらも

「アンディーのことが忘れられない」様子が伺えます。

 

ウッディの親友バズに『心の声』について語るシーンがありますが、バズには伝わりません。

 

ウッディの心はどう変わってしまうのか?

ボー·ピープが選んだ『自分らしさ』とは?

ボー・ピープに対して思いが強いというファンはあまりいないように感じます。

ボー・ピープはかつてのウッディの恋人

トイ・ストーリー3から登場しなくなったボー・ピープ。

トイ・ストーリーの中では、女の子のおもちゃはバービーが結構ピックアップされがちですが、ボー・ピープもそれなりにいい役どころ。

おもちゃではなく、ランプの装飾である彼女。

今までのボー・ピープのイメージは『羊飼いのキレイなお姉さん』でしたが…

 

トイ・ストーリー4では、スカートスタイルではなくパンツスタイルのボー・ピープが登場!

もちろん3匹の羊たちもいます。

 

なぜ、ボー・ピープはこんな姿になってしまったのか?

トイ・ストーリー4では、

『自分のあり方に迷うウッディ』の心と

『自分のあり方を見つけたボー・ピープ』の心

が交錯しながら物語が動いていきます。

 

誰かのものではなく、自分らしく生きる道を選んで生きているボー・ピープ

 

ボー・ピープが伝えたいこととは?

トイ・ストーリー4に新たに加わったキャラクター

新キャラ:フォーキー

トイ・ストーリー4「フォーキー」

トイ・ストーリー「フォーキー」

トイ・ストーリー4の宣伝を見ると、フォーキーが中心になった物語かな?と思ってしまいますよね。

実際、フォーキーは中心キャラではありませんでした。

 

ただ、ウッディのこれまでのあり方や、想いを描いていく場面で、フォーキーはとても重要な役割を担っています。

 

自分は「おもちゃではなくゴミだ」というフォーキーに、

「君はボニーにとって大事なおもちゃなんだよ」と伝え続けるウッディ。

 

フォーキーに『大事なおもちゃであること』を伝えながら

「今の自分はボニーにとって、どうなのか?」

という疑問にぶつかるウッディ。

新キャラ:ギャビーギャビー

ギャビーギャビーはかつてボー・ピープが売られていたアンティークショップにいる女の子のお人形。

可愛らしい女の子ですが、初期不良品の彼女は

『誰かに遊んでもらったことがない』寂しいおもちゃ。

 

アンティークショップのオーナーの孫娘に気に入って貰うことを夢見て、

そのために自分の不良箇所であるボイスボックスを探しています。

 

そのギャビーギャビーがいるアンティークショップに、ウッディとフォーキーは迷い込みます。

 

ボー・ピープのランプを見つけたからです。

「昔の仲間がいるかもしれない」

そんな想いでウッディはアンティークショップへ。

 

ギャビーギャビーはウッディのボイスボックス欲しさにフォーキーを捕らえます。

 

ボニーにとってかけがえのない存在であるフォーキーを救うために、

ウッディは自分のボイスボックスをギャビーギャビーに譲ります。

 

全てはボニーのため…

 

ボイスボックスを取り替えたギャビーギャビーは、可愛い声で話せるお人形になりますが…孫娘に「こんな子いらない」と受け入れて貰えません。

 

ここでもまた、

『誰かに遊んでもらいたい』と願うギャビーギャビーの心と

『アンディーと遊んでいた頃の幸せな自分』が忘れられないウッディの心

が交錯します。

 

ギャビーギャビーは幸せになれるのか?

[スポンサーリンク]

 

新キャラ:ダッキー&バニー

チョコプラが声優を務める新キャラ、ダッキー&バニー。

遊園地のゲームの景品である彼らもまた、『誰かのものになりたい』という思いを抱えたぬいぐるみです。

トイ・ストーリー4の中で結構登場する新キャラなのかな?と思っていましたが…中心核を担っている存在ではありませんでした。

アンティークショップでフォーキーを助け出す場面でたくさん登場してくれますが、所々ぶっとんだ思考回路が面白いキャラクターです。

ウッディが選んだ『自分自身のあり方』とは?

トイ・ストーリー4は何を伝えたいんだろう?と考えた時、

私は『自分自身のあり方』というテーマにたどり着きました。

 

これまで、持ち主に忠実に仕えてきたウッディが

『自分の役割が終わった』ことを感じながらも、

『持ち主のために自分が何が出来るか?』を考え続けている姿に胸が打たれます。

 

ウッディは『持ち主あってこその自分』だという考えを貫こうとしますが…

最終的には『既に役割を終えてしまった』自分はボニーの元には戻らない選択をします。

 

私たち人間でも【人生の分岐点】に出会うことってありますよね?

今までの自分の考えやあり方が覆される瞬間…。

その瞬間に出会うタイミングによっては

『こうあるべきだ』という自分と

『こうしたい』という自分の葛藤がありますよね?

 

そんな『自分自身のあり方』を見つめ直させられる映画だなぁ…と感じました。

 

今回のトイ・ストーリー4は、

23年という歴史を経て、

共に成長した私たちへのメッセージなのかな?と思ったり。 

トイ・ストーリー4のグッズが可愛すぎる!

今回、映画公開前にトイ・ストーリー4のグッズが可愛い!と話題になっていたので、事前に調査していた私。

絶対手に入れたい!と思っていた傘は、映画館には取扱いがありませんでした><

Disneyオンラインで早速注文♡

store.disney.co.jp

他にもボー・ピープデザインのポーチやバッグもめっちゃCUTE♡

 

トイ・ストーリーシリーズのグッズは本当に可愛くて人気があります!

家族でお揃いTシャツもいいけどなぁ…と思うけど、反対されそう(笑)

トイ・ストーリーグッズはディズニー公式でチェックするのが最速!

もちろん、楽天市場Amazonでも取扱い有。

是非、チェックしてみてください♪

[スポンサーリンク]

 

トイ・ストーリー4を観た私の感想

『自分自身のあり方』について考えさせられるトイ・ストーリー4

今までトイ・ストーリーシリーズのファンだった方からは、酷評もありますが…

今までトイ・ストーリーを見守ってきた親世代だからこそ、考えさせられる…そんな映画です。

逆に言えば、子ども向け…というより、大人向けなのかもしれませんね!

子ども時代に手放してきたおもちゃという物を通して、自分が築き上げてきた世界観や、今ある現実、自分が求めている未来について考えさせられました。

 

ボー・ピープの生き方に憧れながらも、

『仲間の元に戻らなきゃ…』と仲間とボニー、そしてアンディーを想う

ウッディの気持ちを考えると、切ない気持ちになりました。

 

最後はボー・ピープと共に、自由に生きていくことを選択したウッディ。

役目を終えた事を受け止めて、新たな自分の居場所を見つけ出した姿に、切ないながらも『きっとウッディにとってはこれが幸せだったんだよね』と言い聞かせてる自分がいました。

 

子どもとおもちゃは永遠には繋がっていられない。

だからこそ、自分自身のあり方を探しながら、

自分で自分の幸せを見つけていくしかないんだなぁ。

 

娘がもう少し大人になったら、また見て欲しい作品です(^^)

 

▼トイ・スーリーシリーズ全シリーズ公開中▼

 

あわせて読みたい

www.kimippo.com

www.kimippo.com

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!