きみといっぽ|元シンママの育児とママライフを楽しむブログ

元未婚シングルマザーが綴る!子育て・ママ美活・暮らしに役立つ情報!ママをもっと楽しみたい!

*゚*。*⌒* オススメ記事 。*゚*⌒*゚*。*

シングルマザーが生き抜くための働き方|正社員?派遣社員?給与よりも重要なこと

シングルマザーの働き方|正社員?派遣社員?

シングルマザーの働き方|正社員?派遣社員?給与よりも需要なこと
悩みポイント
  • 正社員で安定した収入を得たい
  • 小さい子供と二人で生活できる働き方って?
  • フルタイム勤務したいけど残業は出来ない

小さい子供を抱えて、シングルマザーになる道を選んだ時。

必ずぶつかるのが収入の確保…つまりは『働き方』です。

 

シングルマザーにとって、働き方は非常に重要!
収入はもちろん必要だし、健康保険や年金などに関わる福利厚生もなくては困ります。


就職や転職を考えた時…

  • 正社員
  • 派遣社員
  • パート
  • アルバイト
  • フリーランス

…と様々な選択肢があり、「どんな働き方をするのがベストかな?」と考えるはず。

 

この記事では、

  • 給与よりも福利厚生を重視したい理由
  • 正社員として働いた職場で感じた子育てとの両立の難しさ
  • 派遣社員で働くメリット・デメリット

を元シングルマザー目線で、シングルマザーに向けてご紹介します。

 

実際に正社員・派遣社員として働いていた時に感じていたことも書いていきますので、働き方に悩むシングルマザーの方は是非、最後まで読んでくださいね!

シングルマザーの就職は…『給与<福利厚生』

シングルマザーは給与よりも福利厚生が重要!

「安定した仕事に就きたい」

「出来るだけ多く収入がほしい」

これは、シングルマザーに関わらず、就職を考える際に必ず誰しも考えることです。

 

もちろん、収入が高いに越したことはありませんが…

シングルマザーで就職・転職を考えた際はまず『福利厚生』を優先すること!!

 

シングルマザーの家庭の大黒柱…つまり、あなたが「何かあった時のため」の保険を備えておく必要があります。

 

その『保険』とは…社会保険労働保険です。

それぞれ簡単にざっくりと、ご説明します。

社会保険(健康保険と厚生年金)

<健康保険>

  • 怪我や病気などで医療を受ける際の自己負担が3割となります。
  • 病気やケガなどで一時働けなくなった場合に給付を行って保障する役割も!

事業者負担が7割のため、普通に「国民健康保険」に加入する金額より断然安いです!

 

国民健康保険では、加入する人数分の納付が必要ですが、社会保険であれば一定額のため、子どもが一人じゃない場合は特に!社会保険は必須です。

<厚生年金>

  • 老後の生活を保障する老齢厚生年金
  • 病気やケガが原因で障害が残ったときの障害厚生年金
  • 被保険者が亡くなった場合の遺族厚生年金

将来の年金受取金額が「国民年金」額よりも多くなります。

 

普段の生活でいっぱいいっぱいで貯金が難しい人や、自分の将来よりも子どもの貯金で精いっぱいという人は厚生年金必須!!

あなたの将来も守る必要があります

 

健康保険も厚生年金も「あなたが万が一の時」にとても役に立つ制度です。

[スポンサーリンク]

 

労働保険(雇用保険と労災保険)

<雇用保険>

  • 失業した場合や働き続けることが困難になった時
  • 自ら教育訓練を受けたい時

など、生活・雇用の安定と就職の促進を図るため制度です。

「失業手当しか知らない」という方が案外多いですが、教育訓練給付や就業促進給付など、様々な給付があります。

<労災保険>

  • 業務が原因になって起こった負傷や疾病、障害や死亡
  • 通勤時に被った負傷や疾病、障害や死亡

の際に、生活を守ってくれるのが労災保険です。

雇用形態がなんであれ、強制加入!保険料は事業者負担となります。

 

労働保険は、労働者を1人でも雇っている事業場は加入義務があります。

労働保険の給付を受けたい場合、絶対に受け身ではダメです!!

 

必ず「これは給付対象ではないの?」と自ら請求しなければもらえないことも多いので、制度をしっかり知っておきましょう!

[スポンサーリンク]

 

シングルマザーとして始めて就職した会社での出来事

シングルマザーとして始めて就職した会社での出来事

私は出産前、大手製造業の期間従業員として働いていました。
産休中に契約期間が終わり、産後2ヶ月で失業保険を貰いながら職業訓練へ。

 

職業訓練のスカウト求人で町工場の営業事務に就職。当時、娘は7ヶ月。

 

最初はパートでという話でしたが、「生活的には正社員がいいでしょう」と言って頂き、正社員で雇用されました。

<雇用条件>

  • 就業時間:8時から17時半のフルタイム勤務
  • 給与:基本給13万+交通費6千円
  • 休日:隔週土曜出勤で、月22~24出勤

子どもの病欠で信頼がガタ落ち

入社したのが11月ーーー。
寒い季節に入ると、娘が体調を崩すことも増え、遅刻・欠勤が続くこともしばしば。

 

そんな状況が2ヶ月ほど過ぎた頃、上司から

「子どもを理由にそんなに休まれても困る。身内を頼るなり、機関を頼るなりして出勤して。それが出来ないなら、土日返上で出勤して。」

と言われました。

 

隔週出勤だった土曜をフル出勤にし、子どもが熱や感染症になれば自治体の病児保育に預けて働きました。

 

「キツイ時さえ一緒にいてやれない」…と本当に悩んで悩んで、病気になるたびに心が締め付けられる想いでした。

 

でも、悩んだって仕方ない!と考え方を変え、

「そもそも、病気のときにいつだって傍にいてやれるような環境で生んでないよね。」

と心を鬼にして働きました。

 

出勤率は改善し、会社からの信用も取り戻した頃、事件発生!!

1歳の誕生日前にRSウイルスに感染し、症状が酷く、1週間入院。
突然の出来事ですが、付き添い入院の為、休まないわけにもいかず。


毎日病室から会社に電話をし、状況説明、仕事の引継ぎ…。
慣れない入院生活で心身ともに疲れ果ててました。

 

退院後すぐに保育園に預けて出勤。

毎日連絡していたおかげで、なんとか最悪な状況にはならず、会社も理解を示してくれていました。

 

その後もちょこちょこと娘の発熱や病気で欠勤が続きました。

 

病児保育は完全予約制で医療機関受診後でないと預けられない為、感染症が流行する時期は予約がいっぱいになり預けられない時もあります。

ぐったりとした娘を連れて出勤したことも…。

[スポンサーリンク]

 


努力だけでは評価されないことを思い知った


2歳になる誕生日前。
またまた原因不明の脱水症状で1週間入院。


自分が担当する業務が増えていたこともあり、同僚に多大な迷惑をかけてしまいました。


「あ~もう、これは絶対クビだろうな」と覚悟していた私は、入院中に職探し。
案の定、退院後に社長室への呼出しが…。


「こんな話聞いてない!面接の時にこんなに休むなんて言ってなかったよな?嘘つきじゃないか!これは詐欺だぞ!」


ただただ平謝りしてその場を離れましたが、心の中は悔しさでいっぱいでした。

私だって、子どもがこんなに病気にかかるなんて知らなかった
どんなに頑張っても、努力だけじゃ評価されないことを思い知りましたね。

誰が悪いわけでもないから、誰にも文句も言えない。
だってこんな風に思う世の中にしたのは個人の誰でもない。
そして…この人生を選んだのは自分自身だから。

 

生きていく為に仕事は必要です。

でも、自分も子どもも極限まで我慢して働く必要あるんだろうか?

 

「正社員」という雇用形態はとても魅力的でしたが、私は『仕事<子ども』を選択することに決め、「派遣社員」として転職しました。

私が派遣社員として働くことを決めた理由

私が派遣社員として働くことを決めた理由

わが家の娘は本当に小さい頃、よく熱をだす子でした。

しかも、単なる熱ではなく…、40度前後の高熱です。

 

正社員で働いていた職場を辞めようと決意したとき、

「これからは病気の時も出来るだけそばにいてあげよう」

と決めました。

<派遣社員で働くメリット>

  • 条件をあらかじめ提示できる
  • 正社員に比べると融通がきく
  • 職場での仕事の負担が少ない

まず、派遣の場合はこちらからいろんな条件を提示できる点は非常に助かります。

こちらの条件を受け入れられる職場でなければ、働かなくていいからです。

私が派遣会社で提示した条件は…

  • 土日完全休み
  • 大型連休あり
  • 時給900円以上
  • フルタイム勤務
  • 通勤20分圏内。

さらに、「シングルマザーで子どもが小さい事も伝えてほしい」とお願いしました。

 

派遣会社から紹介された職場はなんと…幸運にも!

前に働いていた派遣社員もシングルマザーだったので、本当にいろんな状況を理解してくれる環境でした。

 

以前は病気になるたびに「また何か言われる…」と不安になり、娘にもイライラしてました。

 

私は、自分の経験から「子どもが小さいうちは無理して正社員で働く必要はない」と思っています。

もちろん、シングルマザーになる前から働いている会社であったり、特別なスキルや知識を持って仕事を出来る方はこれには限りません。

[スポンサーリンク]

 

シングルマザーが働く時に考えるべき優先順位

シングルマザーが働く時に重要な優先順位

子どもが小さいうちは「福利厚生がしっかりした、負担が多くない仕事」を選ぶことが重要です。

 

☝おさらい
  • 自分が万が一の時に備える為の社会保険
  • 失業や職業訓練、労働災害に備える為の労働保険
  • 子どもの病欠でも対応できる職場環境

最近では、派遣会社も高時給・福利厚生もしっかりと会社が増えてきましたよね!

 

あなたの生活の中で一番大事なことはなんですか?

自分?子ども?仕事?お金?

 

どれも大事です!!

 

でも、働くために生きているのではありません。

生きて行くために働くだけ。

 

給与<福利厚生!!

 

特に子どもが小さいうちは、「児童扶養手当で賄えない収入の確保」だと思ったほうが気は楽ですよ!

世の中は思っているより甘くないけど
時に思っている以上に優しいこともある。

ツライとき、苦しいときあるけど、逃げ出さずに一歩一歩。
きっとすべてはプラスに繋がっているから。

 

\在宅で仕事を探すなら/

サグーワークス >

\子供の病欠の時でも働ける/

 

▼あわせて読みたい▼

www.kimippo.com

www.kimippo.com

www.kimippo.com

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログへ