きみといっぽ。

~未婚シングルマザー的しあわせLife~

【女性の悩み】PMSについて知ってほしい!

こんばんは、kimiです♪

久しぶりの更新になってしまいました^^;

 

4月に突入しましたね。

今春、進級進学や入社入学された皆さん、おめでとうございます。

環境が変わることで、色んな不安や変化への対応によるストレスで様々な不調が出てくるかと思います。

 

そこで、今回は女性の不調の一つであるPMSについて、女性自身にも、男性にも知っていただきたいと思い、ご紹介していきたいと思います。

というのも… 

私自身、PMSに悩み、月経困難症に苦しみ、10年以上治療を続けているからです。

[スポンサーリンク]

 

 

PMSとは何か?

意外と多くの人が悩まされているPMS。

PMSとは、プレ・メンストラル・シンドローム=生理前症候群のことです。

 

生理前には、いつもに増してイライラしやすかったり、甘いものが無性に食べたくなったり、排卵痛で下腹部が痛んだり…個人差はありますが、様々な症状が現れます。
多くの女性がなんらかの不調や不快感を感じていると言われています。

 

どんな症状があるの?

PMSの症状は実に、200種類以上が存在すると言われるほど…。

中でも多くの人が感じる症状をいくつか紹介します。

  • イライラする(怒りっぽくなる)
  • 肌荒れ、ニキビが出来る
  • のぼせる
  • 下腹部に張りを感じる
  • 腰が痛い
  • 頭が痛い、重い
  • 憂鬱な気分になる
  • 乳房が痛い
  • 落ち着かない

私の場合、下腹部痛、頭痛、発熱、肌荒れ(蕁麻疹・ニキビ)などがあります。

個人個人で感じ方も違い、その月毎にも変化したりします。

 

年齢によって変化する?

小学生高学年〜中学生までの間にほとんどの女性が整理が始まります。

はじめのうちは、ホルモンバランスも整っていないため、生理不順などになりやすい傾向があります。

18歳頃になると、ある程度ホルモンバランスも整ってきます。

平均的に、45歳くらいから更年期に入り、不順な日々を経て、閉経します。

ホルモンバランスが整いだす18歳頃から閉経までのおよそ45歳までを性成熟期と言い、女性が妊娠・出産をするために適した時期となります。

その反面、PMSや月経困難症などで悩むことも多い時期となり、生理による不調が現れやすい時期と言えます。

 

出産経験でも変化する?

妊娠・出産を経験することで、女性ホルモンの影響を受け、女性の体は変化します。

PMSの症状にもその変化がみられることがわかっています。

出産経験がある女性のほうが、イライラしたり、怒りっぽくなったり、否定的な感情が強くなったり、比較的精神的な症状が強い傾向にあるそうです。

ちなみに、私自身も、出産前は身体的な不調のほうが強かったのに対し、出産後はイライラして怒りっぽくなることが増えました。

[スポンサーリンク]

 

 

治療法や緩和する方法は?

「もしかしたらPMSかも…」と自身で気付いた場合は、まず、ライフスタイルの改善に取り組みましょう

ストレスを溜め込まないためには、不規則な生活や乱れた食生活を改善する必要があります。

  • バランスの良い食事をとりましょう
  • アルコール、塩分、カフェインの摂取量に気を付けましょう
  • 軽い有酸素運動をしましょう
  • 出来るだけ禁煙をしましょう

簡単なことだけど、私も意外と出来てません。。

少しずつライフスタイルを健康的に改善する必要があります

症状が酷い時は…

迷わず医療機関を受診してください。

PMSの症状で、日常生活が困難になる方もいらっしゃいます。

医薬品に頼って、症状を緩和するのも一つの選択肢です。

むくみには浮腫み改善薬、肌荒れやニキビにはビタミン剤、頭痛や腰痛には鎮痛剤、吐き気には吐き気止め、情緒不安定な時は精神安定剤…PMSの症状を和らげてくれる医薬品もいろいろな種類があります

 

まとめ

どんな病気でも「なってみないとわからない」というのは当てはまります。

PMSも一種の病気です。

生理痛が酷くない女性や、生理経験がない男性には理解できない部分もあるかと思いますが、PMSに悩んでいる女性は意外と多くいます。

私も治療薬を服用していますが、年に数回は起き上がるのもしんどい日が何日かあります。

「生理くらいで休んで…」って思われていたらどうしよう…。と悩む気持ちももちろんありますが、体調不良で出勤し、”最低限のパフォーマンスも発揮できなければ、それこそ最悪”と考え、ツライ日は1日休むようにしています。

昨今は、女性が社会に進出し、”生理休暇”などの制度も産休・育休と同じように取得できる会社も増えてきています。

しかし、そこに理解がなければ、そんな制度も無意味。

この春から社会人になる方々や、初めてPMSを持つ女性を部下に持った方に是非知っていただきたいと思い、今回はPMSについてご紹介いたしました^^

正しい知識が少しの理解に繋がればいいな。

 

こちらの記事も是非♪

www.kimippo.com

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログへ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!