きみといっぽ。

~未婚シングルマザー的しあわせLife~

ヒトメタニューモウイルス流行中!

こんにちは、未婚シンママのkimiです。

 

先週からしつこい咳に悩まされていたいっぽと私。

寒暖差の激しい今年の春は、体調を崩す方も多いのではないでしょうか。

季節の変わり目の風邪って、しつこいですよね。。

 

なかなか治らない。

治ったかと思えば、また…みたいな。

いつも気づけば完治w

 

現在、娘の保育園で流行中の「ヒトメタニューモウイルス」。

今朝、保育園の玄関先に

「現在、ヒトメタニューモウイルスで20名のお休みが出ています。」

との張り紙がありました。

 

もしや…私たちもそのヒトメタニューモさんに感染していたのでは?!

と思ったので、ヒトメタニューモさんについて調べてみました。

f:id:kimissmam:20180322235406p:plain

ヒトメタニューモウイルスって何?

簡易的にいうと、風邪の原因の一つのウイルスです。

ほとんどの方は普通の風邪症状で終わるそうですが、RS感染症と一緒で、乳幼児や高齢者では重症化して気管支炎、細気管支炎や肺炎などを起こすことがあります。

風邪とひとくくりに言っても、様々なウイルスや細菌がいるので、毎回毎回何が原因で風邪になっているのかを調べる病院はないですよね^^;

このヒトメタニューモウイルスも知らず知らずのうちに感染し、2歳までに約半数、10歳までにほぼ全員が感染しているそうです。

どうやって感染するの?

くしゃみや咳による飛沫感染

ウイルスのついた手や鼻に触ってうつる接触感染

どんな症状なの?

通常の風邪同様、鼻水、咳、発熱が主な症状です。

重症化すると、細気管支炎、肺炎、気管支喘息の悪化、クループ様の症状を呈します。

症状としてはRSウイルスと同様ですが、季節が異なること、好発年齢がRSウイルスでは1歳未満が多いのに比べて、ヒトメタニューモウイルスは1歳以上に多くみられます。

確かに、うちのいっぽさんも咳がとにかく酷かったです。

[スポンサーリンク]

 

 

潜伏期間と感染時期は?

多くは3〜5日です。一年を通して流行しますが特に3月〜6月の春に多くなる傾向があります。

ちょうど、今の時期に流行しやすいということですね!

合併症と診断

中耳炎の合併症がみられることもあるようです。

診断はインフルエンザ同様、お鼻に綿棒ブスーッと!

治療薬は?

インフルエンザのような特効薬はなく、対処療法を行います。

熱をさげる薬や咳のお薬が処方されます。

悪化すると入院での治療が必要となります。

まとめ

ヒトメタニューモさんはRSさんに似ているようです。

RSウイルスといえば、うちのいっぽさん、1歳前に感染して悪化…1週間入院しました。

その後から、咳が出だすと必ずと言っていいほど、悪化します。

気管支が弱いんだろうなぁと思っていましたが、少し前に「小児喘息」と診断されました^^;

症状が酷くないので、特別な治療を行っている訳ではありませんが、風邪になると「ホクナリンテープ」を処方してもらっています。(気管支を広げてくれる)

 

先週まで咳が酷かったですが、熱が出た後からは咳症状も治まっています^^

病院に行っていないので断定は出来ませんが、ヒトメタニューモウイルス感染症だったかも…ですね。

 

季節の変わり目、体調を崩しやすい時期なので、

皆さんも体調に気を付けてくださいね!

 

こちらの記事も是非♪

www.kimippo.com

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログへ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!