きみといっぽ。

~未婚シングルマザー的しあわせLife~

最近「ツイテない!!」のは"前厄"のせい?

こんにちは、未婚シンママのkimi(@kimippo311)です。

 

最近読者さんが増えたり、

見に来てくれる方が増えて、

すんごく嬉しい!!

ありがとうございます^^

 

そんないいことももちろん、たくさんあるんですが…

 

とにかく今年は”ツイテない”と思うことが多々。

インフルエンザ罹患からの溶連菌感染、

さらには事故られるという…。

まだ2018年始まって2か月ですよ。

あと10か月…どうなってしまうの?と不安になるw

スポンサーリンク

 

 

私、実は前厄らしいのです。

今年の初め、初詣に行ったらこんな表を見つけたのです。

 

女性の厄年

19歳…2000年(平成12年)生まれの女性
33歳…1986年(昭和61年)生まれの女性-大厄
37歳…1982年(昭和57年)生まれの女性
61歳…1958年(昭和33年)生まれの女性

前厄 本厄 後厄
18歳
2001年
平成13年生まれ
巳年(へび)
19歳
2000年
平成12年生まれ
辰年(たつ)
20歳
1999年
平成11年生まれ
卯年(うさぎ)
32歳
1987年
昭和62年生まれ
卯年(うさぎ)
33歳
1986年
昭和61年生まれ
寅年(とら)
34歳
1985年
昭和60年生まれ
丑年(うし)
36歳
1983年
昭和58年生まれ
亥年(いのしし)
37歳
1982年
昭和57年生まれ
戌年(いぬ)
38歳
1981年
昭和56年生まれ
酉年(とり)
60歳
1959年
昭和34年生まれ
亥年(いのしし)
61歳
1958年
昭和33年生まれ
戌年(いぬ)
62歳
1957年
昭和32年生まれ
酉年(とり)

 32歳(数え年) 

1987年 昭和62年生まれ 

卯年(うさぎ)

私ではないですか!!!となったわけです。

 

別に厄年なんて気にしていなかったのに…

両親が口をそろえて「お祓いに行きなさい」というわけです。

 

「いやぁ、なんもないでしょ?」と言うと

「なんかあってから”厄年”だからだ!!って思いたくないなら行ったほうがいいよ」と…。

でも、その言葉のおかげで、何かある度に「やっぱり厄年だからなのか?!」と思ってしまう自分がいるんです!!

 (正確には、前厄w)

 

初詣の時はとりあえず、厄除けの鈴のお守りを買ってもらいましたw

でも厄払いに行ったんですよ。

後日、やっぱり両親の言葉が気にかかって…

結局、年子で1つ上の姉(本厄)を誘って、厄払いに行ってきました。

 

厄払いに行った翌週には溶連菌騒動。

www.kimippo.com

その2週間後には事故。

www.kimippo.com

 

親が言うには…

「厄払いに行ったから、これくらいで済んでる。」らしい。

 

う~~~~~~~~~~ん…

そういうことにしときますw

そもそも厄年とは…

『古くから厄年に制定されている年齢は、生活や仕事、体調の変化などが現れやすい年齢の頃をさしていることが多い』そうです。

厄払いに行った際、”祝い年”と聞いて、驚きました。

地方によって異なりますが、男性の厄年にはお祝いの席を設ける地方もありますよね。

ちなみに、女性は前厄・本厄・後厄関係なく、その年齢の頃に1度お祓いすればいいらしいです。

厄払いは神社で行う行事ですが、節分までに行うと良いみたいですよ^^

スポンサーリンク

 

 

初詣のお願い「健康第一」だったんだけどなぁ…。

今年は本当に健康被害が多すぎるw

 

本当に健康が一番大事ですね!!

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログへ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!