きみといっぽ。

~未婚シングルマザー的しあわせLife~

映画「プリキュアスーパースターズ!」鑑賞からのまさかの…!!

こんにちは、未婚シンママのkimiです。

 

週末はいいお天気でしたね♪

 

土曜日は前々から約束していた、プリキュアスーパースターズの映画公開初日!

わざわざ混む公開初日に行こうとは思っていなかったけど…

最近ipad謹慎中で、なんとなく胸が痛んでいることもあって…w

特別用事もなかったので、行くことに決めました!

 

前日にTOHO CINEMASのHPからチケットを購入し、

夕飯時に「明日プリキュアの映画行こっか~?」と誘いました。

「え~?!本当に?!行く!!!!」と目をキラキラさせて喜ぶいっぽ。

「ポップコーン買わなきゃね♪」とウキウキしながら、映画広告を観ていました!

 

その夜は、ipadの使用の件で叱られて泣きつかれていたせいか、20時半には就寝。

 

翌日、元気に目を覚ましたいっぽ。

「プリキュア行かなきゃ~!!」と朝からテンション高め。

そんないっぽを寝起きのけだるさを抱えた母はにこやかに眺めていましたw

 

…ん?

なんかほっぺた赤くない??

 

「いっちゃん、ちょっとこっち来て?」と呼び、腕の中に抱くと…温かい。

『微熱だな~』と体温を計測。

37.1度。

ま、元気もあるし、すぐ下がりそうかなぁ…。

ってことで、10時に家を出発。

劇場でプリキュアの宣伝用板の前で写真撮影。

 

…ん?

なんか少し微妙な表情。

劇場にはたくさん人がいたので

『恥ずかしがり屋さんだからかなぁ。』と思いつつも、

『これは熱が上がるかもしれない…』と母は直感的に思いました。

 

開場前にポップコーンとジュースを購入し、開場時間になってシアターに入場。

入場時に入場特典のキーホルダーとペンライトを貰いました^^

スポンサーリンク

 

映画が始まる前から周りの子はペンライトを点けて遊んでいるのに、

いっぽは「はい」と私にそれらを渡し、ポップコーンを食べながら予告鑑賞。

「大人か!!」と突っ込みたくなるような形相W

 

あっという間に映画が始まり、ポップコーンを食べながら鑑賞。

途中からポップコーンを食べる手が止まっていたので、ふと顔を覗くと…

ぼーーーーーっと画面を眺めているいっぽの目がキラキラしていない。

 

映画のシーンに何度か入場特典のペンライトを振って、

プリキュアを応援するシーンがあるんですが…

周りの子が一生懸命「プリキュアがんばれ~!」と言いながら振っている中、

いっぽはただ呆然とスクリーンを観ているだけ。

『絶対熱上がってるなぁ…』と思い、いっぽに「楽しい?きつくない?」と小声で話しかけると「楽しい。プリキュア可愛い~」と笑顔。

 

さりげなく頬に触れると…熱い。

感覚的に38度前後。

映画も終盤に差し掛かっていたので、ここで退場するのも可哀相だと思って最後まで鑑賞しました。

最後のプリキュアを応援するシーンでは、「いっちゃんも応援したい!ライトは?」と言ってきたので、ペンライトを出してあげて、渡すと「がんばれ~」と言いながら楽しそうにペンライトを振っていました^^

 

最後の最後まで観て、シアタールームを退場。

 

「じぃじの誕生日プレゼント買いたいんだけど、お買い物行けそう?」と聞くと、

「うん。行ける!行きたい。」と言うので、下のフロアへ。

やっぱりきついようで、おんぶして2店舗くらい覗いたけど、自分もキツイので帰ることに…。

 

駐車場に行く前にゲーセンを通過しなければいけなくて、

ちょうどゲーセンを抜けた所に綿菓子SHOPが…。

「これ食べたい!」といういっぽ。

「食べれる?」と確認しましたが、「食べる!」と。

 

顔の2倍くらいのサイズの綿菓子を購入。

近くのベンチに座って食べることに。

でもいざ食べ始めると「手がベタベタするからいらない」と言い出した。

 

『母は絶対食べきらんやろな~て思ってましたよ』と心で呟きつつ、

「食べるっていったのいっぽでしょう?手は後で洗えばいいから」と説得し、再度食べ始めました。

 

10分の1くらい食べた所で再び、

「もう食べれない。要らない。」と言い出すいっぽ。

顔は真っ赤。

『うん、これは無理でしょう…』と納得し、急いで残りの綿菓子を頬張る母。

 

通り過ぎていく人に凝視されながら、バクバク食べましたw

[スポンサーリンク]

 

 

食べ終えて、トイレで手を洗って、車に乗り込みました。

いっぽの体は体感39度前後。

 

本当は食料品の買い物にも行きたかったけど、断念。

直帰しました。

家に着く5分前くらいに寝落ちしたいっぽ。

抱きかかえて部屋に入りベッドに横にして、即行体温を計測。

39.8度。

 

だよね、、、。

氷枕をセット。

「寒い~」と言うので、毛布を2枚、布団を1枚。

母は暑いけどw

そっとギュッとして、再び寝ました。

 

20分ほど寝ていたいっぽが突然、私の後ろを指し、叫んだ!!

「ぐちゃぐちゃになってるよぉぉぉぉぉ~。」

振返るがいつもの光景しかない。

「何が?」と冷静に答えると、

「ぐちゃぐちゃ~~~!!どぉするの~!!!!!」と再び絶叫。

「お母さんの顔もぐちゃぐちゃ??」と尋ねると、

「ぐちゃぐちゃだぁあ!!!!」と大泣き。

 

うん、これはヤバい。いっぽの目を覗きこむとかすかに眼振。

熱を測ると、40.2度。

体温計の文字盤が点滅。(高温のサイン)

 

結構40度を超すことも多いのですが、座薬はあまり使用しません。

しかし今回は、いつもより堪えている感じだったので、座薬を使用することに。

 

「お熱が下がるお薬しよっか~」といっぽに言うと、

「お薬いらない!お薬嫌だ~~~」と再び大泣き、拒絶。

「お尻のお薬だから、痛くないし、すぐお熱下がるよ?」

「いやだ~いやだ~…」

「痛くないようにするから」と約束し、何とか説得。

 

座薬入れるのにも説得する必要があるなんて…

成長したなぁと感心しながら、座薬を手で温めて、IN!!!

 

「はい!終わったよ!痛かった?」と聞くと、

「…??終わった??痛くなかった」と言うと、服を整えて、

「公園行きたい。公園行こう!」と言うw

 

「今日はお熱だから、今日たくさん寝て、お熱が下がったら明日行こう?」

「やだ~。もうコンコン(咳)出てないもん!公園行く~」

『いやいや~あなた40度だから~』と頭では突っ込みいれつつ…

「今日は我慢。明日行こう!明日!!」と振り切り、寝かしつけました。

 

座薬が効いて、1時間もしないうちに38度まで下がり、ようやく深い眠りにつきました。

 

熱が出ると食事を一切受け付けないいっぽ。

夜には37度まで解熱していましたが、夕飯は食べませんでした。

[スポンサーリンク]

 

 

『明日も微妙だなぁ』と思いつつ、その日の夜は仕事へ。

2時ごろ帰宅して、母の部屋に迎えに行くと、やっぱり熱い。

汗をかいていたので1度着替えさせ、検温…38.0度。

 

翌朝6時過ぎに目が覚めたいっぽ。

「お母さん起きて!朝だよ!公園行こう!」と元気な様子。

朝の体温は37度。

「朝ごはんいらない」と言っていましたが、

「朝ごはん食べれないなら公園行けない。」と言うと、少し食べました。

 

少し様子を見ていましたが「公園行くって言ったでしょ~」とグズリだしたので、公園に行くことにしました。

 

『熱が上がらないといいけど…』と祈りつつw

 

ちょっと長くなってきたので、公園の話は次の記事で^^;

とりあえず、プリキュアスーパースターズを観に行く約束は果たせました!

次はリメンバー・ミーを観に行かなきゃ♪

 

ちなみに、プリキュアスーパースターズ、意外とうるっときてしまいましたw

↓こちらの記事も是非♪

www.kimippo.com

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログへ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!