きみといっぽ。

~未婚シングルマザー的しあわせLife~

事故から学んだ”自動車保険の重要性”

先日、数年ぶり (免許取りたての10代に数回w)に事故に遭って、改めて自動車保険の重要性を考えさせられました。

自分の記録として…

この記事を読んでくださる皆様に少しでもその重要性を伝えたくて、自動車保険のアレコレをご紹介します^^

f:id:kimissmam:20180222161810p:plain

自動車保険とは?

運転者の義務とも呼ぶべき、自動車保険。

皆さんがご存知の通り、交通事故の際のけがをさせてしまった治療代や、車の損害賠償などを補ってくれるもの。

ちょっとした事故で、たいした金額じゃなければ自費で払えるかもしれませんが、大きな事故で相手に重い後遺症が残ったり、死なせてしまったりした場合は、億単位の賠償金を払う必要があります。

自動車保険に入っていなければ、自分の人生さえ狂ってしまうことも考えられます。

自動車保険には、大きく分けて「自賠責保険」と「任意保険」という2種類があります。

自賠責保険

自賠責保険というのは別名、強制保険とも呼ばれています。

全ての自動車(車、バイク)と原動機付自転車を運転する場合は、絶対に加入しておかなければならない保険です。

これは、「自動車損害賠償保障法」という法律によって定められています。

もし、自賠責保険に入っていない、未加入の場合は厳しい罰則があります。

◎自賠責保険の補償金額

自賠責保険で支払われる保険金(賠償金)の最高限度額は、1事故1名につき、死亡の場合で3000万円、傷害は120万円、そして後遺障害が残った場合は、障害の程度に応じて75万円〜4000万円、と上限が決まっています。

この金額は、被害者1人ごとに決められているので、1回の事故で複数の被害者がいた場合でも、保険金の額が減ったりすることはありません。

また、複数回の交通事故を起こしても、その度に補償金が支払われます。

任意保険

自動車で交通事故を起こし、万が一相手に重い後遺症が残ったり、死亡させてしまった場合等は、億単位の高額の賠償金が課せられてしまう場合もあります。

それだけの高額な金額を一般的な家庭の人が払うのは現実的ではありませんよね。

自賠責保険で賄える金額以上の賠償金を補償してくれるのが、任意保険です。

任意保険に加入しなければ、賠償金を支払えずに自分の人生を棒に振るだけではなく、賠償金を支払えないことによって、被害者の人生も大きく狂わせてしまうことになります。

任意保険は強制加入ではありませんが、万一の場合に被害者にきちんと補償できるように加入しておくことが重要です。

スポンサーリンク

 

 

任意保険の内容

任意保険の内容はだいたい下記の7つのセットが一般的です。

賠償責任保険

相手の人や物に対する保険。

交通事故で相手の人にケガをさせたり、車を壊してしまった場合に保険金が支払われます。

①【対人賠償】

他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまった場合を対象とした保険。

②【対物賠償】

他人の車や壁、ガードレールなど、物を破損させてしまった場合を対象とする保険。 

 

傷害保険

自分や同乗者に対する保険。

交通事故等によって、自分や同乗者がケガをして入院や通院したりした場合、死亡してしまった場合等に保険金が支払われます。

③【搭乗者傷害】

運転手を含む、すべての同乗者を対象とした、ケガや死亡した場合に支払われる保険。

④【自損事故】

他の誰も巻き込まずに、自分だけで起こした単独事故の場合に適用される保険。

⑤【無保険者障害】

相手が対人賠償保険に加入していない場合や、加入していても保険金が少なく、賠償金を支払う能力が無い場合に適用される保険。

⑥【人身傷害補償】

ケガをした場合の治療費等を、自身の過失部分も含めて全額負担してもらえる保険。

⑦車両保険

自分自身の車に対する保険。

交通事故や災害等で破損した、自分自身の車の修理代等が支払われます。

 

任意保険には様々な種類がありますが、自分に必要な保険を選んで加入すればよいので、全ての種類に加入しなければいけないという事はありません。

基本的に加入しておくべき保険は、「自賠責保険」、「対人賠償保険」、「対物賠償保険」、「搭乗者傷害保険」、もしくは「人身傷害保険」の4つだといわれているので、この4つを基本にしっかりと選択していきましょう。

任意保険のさまざまな特約

特約と言うのは特別約款の略で、主契約に追加することで保障内容をより充実させたものにするためのものです。特約のみの契約は出来ません。

必要に応じて、主契約にプラスして付け足したい補償を追加することができます。

補償が充実する分、支払う保険料も高くなりますが、つけておくと安心なものが多いです。

保険会社によって特約の種類もさまざまです。

ファミリーバイク特約、台車費用担保特約、弁護士費用負担特約など…一部ご紹介いたします。

代車費用担保特約

交通事故で車が使えなくなった場合、車の修理期間中に借りたレンタカーの費用が支払われます。

他者運転危険担保特約

友人など他人の車を運転して交通事故を起こした場合に、自分の加入している保険から優先して保険金が支払われます。

臨時運転者特約

友人・知人など家族以外の人が臨時に車を運転して事故を起こした場合でも、年齢にかかわらず保険金が支払われます。

ファミリーバイク特約

契約者と、その同居親族がバイクで事故を起こした場合に、車に掛けている対人・対物保険と同じ補償を、125ccまでのバイクにも適応する特約です。

弁護士費用特約

何かとトラブルが多いのが交通事故です。相手が自動車保険に加入していない等で、示談に向けての話しが一向に進まない場合も多々あります。このように相手方と交渉する際に一番いい方法は弁護士に交渉を委託する事です。弁護士に交渉を委託する際に役立つ特約、それが弁護士費用特約です。

[PR]自動車保険を一括見積で比較!

 

まとめ

昨今は自動車保険を売り出す会社も増えてきて、ネット契約も普及してきています。

私も1月末にネット契約で自動車保険を切り替えたばかりでした。

今回事故に遭うまでは、補償内容を最低限に絞って価格を安くすることに重点をおいていましたので、価格比較で会社を選びました。

選ぶ際に、口コミなどを確認して、対応なども見ていたので、それは良かった点です。

今回の事故相手の自動車保険の担当の方の対応に、本当に頭にきたので、やはり、会社のイメージや窓口対応の良さも自動車保険を選ぶ際には気を付けていただきたいものです。

(ちなみに事故相手の自動車保険会社は口コミ最悪でした)

事故をすると、車の破損や体の不調などのわかりやすいダメージも受けますが、精神的ダメージももちろんあります。

そんな中で担当窓口の方に心無いことを言われて、事故相手や自分自身もさらに嫌な気分になりたくないですよね。

 

事故に遭わないことが一番だけど、

事故に遭った時に適切な対応、適切な補償を行えるように

自動車保険については知っておくべき知識だと思いました!

 

安全安心第一!!!!!

 

スポンサーリンク

 

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログへ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!