きみといっぽ。

~未婚シングルマザー的しあわせLife~

時間的余裕が与えてくれるのは”やさしい気持ち”

こんにちは、未婚シンママのkimi(@kimippo311)です。

 

先日、いっぽと入浴中、

髪を洗ってあげているときに鏡越しで

いっぽに「お母さん、今日優しいね」って言われたんです。

 

つい嬉しくって、にこってしちゃいました。

f:id:kimissmam:20180215130110p:plain

 

事故にあってから、

事故後の体調不良で毎日朝通院しているので

朝は普段よりも時間に余裕があるからか

”時間に追われている”という

最大のストレスがないせいか

心に余裕がある。

 

普段の生活があまりにも時間に追われているせいだろうけどw

www.kimippo.com

 

性格的な問題(結構せっかち)なんだろうけど、

朝も7時40分にきっちり家を出たいし、

夕方は18時までに家に着きたい。

夜バイトの日は19時までには食事を終わらせて、

19時10分からお風呂に入りたい。

20時には自室に上がって、バイトの準備。

20時半には家を出たい。

 

常に決められたサイクルで動かないと余裕がない…

って思ってしまいがちだったけど、

そのサイクル自体に余裕がない。

 

常に時間に追われるせいで、

「早くして」「遅い」

「お母さん急いでるよ」

といっぽを急かしてしまう。

 

「お母さん、今日優しいね」と言われた日。

いつもはお風呂で遊んだ後、

おもちゃを片付けてから洗うんだけど、

「みんなまだプールに入っているの」といっぽが言うので、

「そっか。じゃぁ、洗ってからお片付けしたらいいね」って言ったんです。

 

いつもだったら、

「うん。でも、お片付けして」って言っちゃうんです。

スポンサーリンク

 

 

無駄なく、要領よく…

って常に頭が働いて、いっぽにも強要してしまう。

「お母さん無駄な時間が一番嫌いなの」って。

 

でも、子育てしてたら”待つ”ことってすごく多くて、

その”待つ”行為に意味があったりするのに。

 

本当はいつだって、待ってあげたい。

 

時間的に切羽詰まると、

どんどんどんどんそのサイクルに飲まれて、

気付かないうちに…

そのサイクルじゃなくちゃいけないようになって、

それこそせっせと働きアリのように、

同じ繰り返しの毎日。

 

週末は疲れ果てて、

「私にも自分の時間をちょうだいよ」って思ってしまう。

でもよく考えたら、

「やっとお母さんと一緒にいられる」時間なんだよね。

 

私も幼い頃、母と過ごせる時間が少なくて、

一緒に遊んでもらった記憶もあんまりなくて、

でも”お母さん”が大好きで…。

お母さんが「疲れた」って言って、

休みの日に1日中寝過ごしていても、

何も言えなかったなぁって、思い出した。

スポンサーリンク

 

 

たくさん一緒にいられる時間なんて

あっという間に過ぎていくのに。

 

やっぱり、私には時間がとても必要

限られた24時間で余裕を持つためには…

今のライフスタイルではダメなんだって、改めて気づく。

 

いっぽともっといろんな時間を共有したい。

いっぽにもっと優しくいたい。

いっぽに考える時間を与えたい。

いっぽを待てる時間がほしい。

 

そのためには…。

時間に追われる生活辞めなくては。

 

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログへ  

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!