きみといっぽ。

~未婚シングルマザー的しあわせLife~

鼻がムズムズ…もしかして”花粉症”?

インフルエンザ感染から2018年が始まって、溶連菌…今年も早くも2ヶ月が過ぎ、
たった2ヶ月しか過ぎていないのに、今年は人生初の40度超えの発熱を経験し、間違いなく今年は当たり年
次に私に降りかかる災難…健康被害でやばい気がするのは…花粉!!

もともとアレルギー体質で、鼻炎や慢性結膜炎、皮膚炎などを患っていますが…
そのアレルギーのもとは8割がハウスダスト・ダニによるもので、花粉は数年に一度、大量発生したときのみ反応する程度。
主な症状は、鼻水・目のかゆみ・のどのイガイガ感。
でも、ハウスダストが酷い場所に行ったときの症状に比べれば比でもないですが。
そんな、今や国民病ともいえる花粉症について調べた情報をご紹介いたします^^

f:id:kimissmam:20180222144952p:plain

花粉症にもタイプがある?

花粉症と聞くと真っ先に思い浮かぶのがくしゃみ・鼻水・鼻づまり。

でも花粉症でひどく感じる症状はタイプによって異なり、お薬も変わってくるので、あなたに合う症状のお薬を処方してもらうことも重要です。

くしゃみ・鼻水タイプ

花粉症の特徴!と言っても禍根ではないですね。まるで、水道の蛇口を開けたままの状態かのように、水溶性の鼻水が止まりません!ことあるごとにくしゃみが出る!(1日に10~20回以上のくしゃみが出るなど)

【処方箋】

抗ヒスタミン作用の強いお薬が効果的

鼻づまりタイプ

なんだか鼻が詰まって苦しい~!鼻づまりになると口呼吸になります。朝目覚めると喉が乾燥してイガイガ痛い。

【処方箋】

抗アレルギー薬だけでは症状が軽減しないことがあるため、点鼻薬を併用したり、気管支喘息にも使用されるロイコトリエン受容体拮抗薬が処方されることも多い

目の症状が強いタイプ

目がかゆくてかゆくて堪らない…あっという間に充血も広がり、涙目に。

【処方箋】

飲み薬+点眼薬

スポンサーリンク

 

治療方法は?

減感作療法

減感作療法は現状では唯一のアレルギー疾患を治し得る治療法とされています。
しかし、全員に効果がある…というわけではありません。花粉症での効果についての報告では、おおよそですが80%以上の方は多少なりとも効果があるといわれています。

症状を薬で抑えるのではなく、アレルギーの原因を少しずつ摂取して体質を変えていく新しい治療法です。注射だけでなく、2014年秋には舌下に含んで摂取する療法(舌下免疫療法)が保険適用となり、自宅で継続できる手軽が注目され、ニーズが高まっています。
免疫療法は3~5年という長いスパンの治療となります。

子どもも罹患するの?

両親が花粉症だったり、すでに他のアレルギー疾患を抱えていたりする子どもは発症する確率が高く、花粉症罹患の可能性があります。

発症年齢としては、5~9歳頃の小学校入学前後が多いようです。

風邪と酷似した症状が多く、花粉症と気づくまでに時間がかかることも…。

子どもは花粉症の症状があっても具体的に伝えることができないので、親が気づいてあげることが大切です。

目や鼻のつらい症状で睡眠が妨げられてしまうと、子どもの成長にも悪影響を与えてしまいます。

[PR]全国対応!子どもやアレルギー体質の方にも安心!

無添加せっけん使用のふとんクリーニング専門店!

 

どのように対策すればいい?

発症する・しないの予想は難しいので、シーズン中は無症状の方も花粉を避ける工夫をすると安心です。

お薬以外の対処法ではとにかく「花粉をつけない、持ち込まない、残さない」ことが大切です。
マスクは花粉を吸い込む量を減らしてくれる効果があるので、鼻症状を軽減できます。外出時のマスクは必需品です

表面に花粉がつきにくい素材のコートや帽子を身につけ、帰宅時には玄関先で脱いで全身を払うなど、部屋に花粉を持ち込まないようにしましょう。
このほか、洗顔、うがい、鼻洗浄で花粉を洗い流すのもよいでしょう。

 

免疫やホルモンバランスを崩すと花粉症の症状を悪化させる原因になってしまうことがあるので、日々の健康管理、睡眠不足にも注意が必要です。

スポンサーリンク

 

 

↓この記事も読んでみてくださいね♪

★ランキング参加中!

ぽちっとして頂けると励みになります♡

にほんブログ村 子育てブログへ  

★スキマ時間にお小遣い稼ぎ!

新規モニター登録

★こんなブログですが…読者購読してもらえたら嬉しいです!